資産運用の基礎、NISAやiDeCoを行うために口座を開設しよう

どうもこうペイ@koupay1です。

休日の合間に投資について勉強、実際に行動し、それを記録しています。

今回は、取引をする口座を開設してみます。

口座を開設した

どの口座にするか塾講しましたが、手数料やそのほか判断材料が多すぎます。

無知な初心者には手数料一つにしても取引でどのくらいかかるのか想像が全くつきません。

なので今回は2つの口座を開設し、併用しながらその差を検証しようと思いました。

選んだのはSBI証券、楽天証券の二つ。これらを選んだ理由は下記の通り。

こうペイ
SIB証券:検索した際にランキング1位だから

こうペイ
楽天証券:楽天ポイントを投資に回せる。楽天アカウントで入力が簡単そう。

我ながら初心者の選択感がハンパないですねw

ですがそこに時間を費やすことよりも、実際に行動して体感して学習することがこうペイのスタイルです。

事前にどの口座がいいのかを調べに調べて、悩みに悩んで、疲弊して何もしない。ということだって大いにあり得ます。

しかも何も知らない状況で専門用語の並ぶことを学習しようとしても、実際の経験が伴わないと全く学習効果が違います。

 

ということで2つの証券会社の講座を開設しました。

開設手順について記録しておきます。

 

SIB証券の口座開設

 

SBI証券口座開設はこちら

必要物品:個人通知カード(マイナンバーがわかるカード)、運転免許証

口座開設に必要な項目を入力します。

SBI証券は身分証明証に加えて、マイナンバーのわかる個人通知カードの申請も必要でした。

これらを写メでアップロードします。

こうペイ
個人情報をオンラインにアップロードして大丈夫だろうか…
えぇい!ここは突っ切ってやろう!
ということで個人情報を画像にし、専用の画面からアップロードいたしました。
もう後戻りはできない。
上記を入力後、情報を送信するとメールにて返信がありました。
さらにお客様情報として国籍に加え、会社員の場合、会社の名前や住所、所属部署、電話番号まで記載が必要でした。

こうペイ
もはや個人情報が漏れたらおしまいだな…ガクブル
必要項目を入力し、口座開設の申請を行いました。
この記事を作成している現在は申請中のため、その後の申請結果については追記したいと思います。

楽天証券の口座開設

 

楽天証券の開設はこちらから
必要物品:身分証明証
SIB証券に引き続き、楽天証券も開設してみます。
楽天証券は普段から利用している楽天のアカウントを利用できます。
楽天会員のID、パスワードを入力しログインすることで、基本情報は入力されていました。
必要事項を入力し仮登録を行うとメールでの返信があり、本人確認の
メールから個人情報(身分証明証、今回は運転免許証の表裏)を写真にて送信します。
これらを申請することで楽天証券の一連の流れがひとまず終了しました。
あとは書留郵便で書類が届くようです。
楽天証券の口座開設完了までは追記したいと思います。
本日の作業はここまで!
おすすめの記事